投稿

原因不明不妊から体外受精に進むことを決意した理由

原因不明不妊の方は、体外受精しないと授からない原因がまだ見つかっていないのであれば、ステップアップするのは早いのではないか、と悩んでいるのではないでしょうか。
私も原因不明不妊と言われました。様々な不妊検査をしましたが、原因が見つからず。
とはいえクリニックでタイミング治療を続けていても全く授かる気配がありませんでした。
今回は、私が原因不明不妊であったなか、どうして体外受精へ進めことを決意したのか。体験談を記します。
※私は医療従事者ではありません。あくまで一つの体験談としてご覧ください。


目次
1.不妊の原因がない?ではなぜ授からないのか。原因不明不妊とは?

2.体外受精に進んだ理由:ステップアップしなければ分からないと言われたこと

3.体外受精にステップアップしてみて感じること。
 メリット/デメリット

不妊の原因がない?ではなぜ授からないのか。原因不明不妊とは
クリニックに通院してきて、不妊の理由は様々なものが考えられると知りました。
精子と卵子が出会うことができていなくて、受精卵になれていないのか。 出会えていないとすれば、精子が卵子のところまでたどり着けていないのか、 卵子が卵管を通ることが出来ていないのか。
あるいは受精はするけれど、着床できていないのか。
着床はするが、その後育つことができないのか。

こういった様々な理由に対して、その原因はさらに多岐に渡ります。
その原因を探るため、あらゆる検査があります。 (但し体外受精にステップアップする前の段階で勧められる検査は限られているのかなと思っています。)
しかし私はそれらの検査をしても特に異常が見つからなかったので、「原因不明不妊」と診断されたのでした。

体外受精に進んだ理由:ステップアップしなければ分からないと言われたこと
私達が体外受精にステップアップするまでに受けた検査は以下です。
・精子濃度、運動率検査 この検査を行うことで、精子と卵子とが出会う過程において精子側に問題が無いか検査します。 もし濃度や運動率が不足していれば、それが原因で精子が卵子までたどり着けていないということが分かります。
・ヒューナーテスト タイミングをとった翌日に精子が子宮内に入れているかを確認する検査です。 たとえ精子の濃度や運動率が不足していなくも、女性側が異物が入ってきたと判断することによって精子が入ってくるのを邪魔してしまい、子宮内に到達できていないとい…

自己紹介とブログ開設理由〜二十代で高度不妊治療をしています〜

はじめまして。よつと申します。
この度ブログ開設するにあたって自己紹介や経緯などを記します。


目次
1.自己紹介
2.ブログ開設理由①不妊治療の経験から得た知識を発信したい
3.ブログ開設理由②同じ悩みを抱える方々と気持ちを共有したい
4.さいごに
自己紹介 結婚すれば当たり前に子供ができると思っていた。妊娠すれば当然子供を産めると思っていた。 20代後半で結婚し、そのまま妊娠…という未来を思い描いていましたが、なかなか上手くはいかず。本格的な妊活歴1年になります。フルタイム勤務の中、上司に打ち明けずに高度不妊治療に挑戦中。

開設理由①不妊治療の経験から得た知識を共有したい
私が高度不妊治療に至った経緯 や、治療をしていく中で得た知識や教訓を自分の中にしまっておくだけではもったいない。 と思い始めました。
また、私の様にフルタイム勤務をしていたり、20代で貯金も多くない方からすれば、時間面や金銭面から不妊治療に向けてなかなか一歩踏み出せずにいるのではないかと思います。 私の経験を発信することで、そういった方が、もし自分も不妊治療を始めたらどうなるのか、少しでもイメージがわけば、少しでも手助けになれれば良いなと思っています。
開設理由②同じ悩みを抱える方々と気持ちを共有したい
様々な思いを抱え込んでやり場が無い方、少なくないのではないでしょうか。 私自身も様々な気持ちが湧いては浮かんだままやり場が無く、今思いつくだけでも下記の様な思いがあります。

何故だろう、友人に相談しずらい 親しい友人には何でも気兼ねなく話してきたはずなのに、何故こんなに相談できないのでしょう。私自身まだ答えは出ていません。
 同じ境遇にないから。彼女達は経験していないから。等理由を並べてみますがどれもしっくりときません。 何故かというと、例えば今までは、男性と付き合った経験のない子に自分の彼氏の相談をしたり、全く違った業種で働いている友人に会社での悩みを相談したり、気兼ねなくしてきました。
なので同じ境遇にないから、彼女達は経験していないから、と言うのは理由ではないような気がするのです。

不妊治療は自分の努力だけでどうにかできるものではない辛さ 学生のころから、社会人になってからも、自分の中で嫌な境遇に立たされた時や不満がある時、自分の努力不足だ。人に期待するのではなく自分がまず変えていこう!…